スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明ごころ 中店

通勤の最寄り駅は大阪天満宮です。
出社は上記ですが、事務所終わりでの帰社は
健康のため京橋まで歩きます。
京橋駅までの間には、沢山の給水ポイントがあります。
その日の気分によって、行く御店は色々です。
20日は、1号線沿いの岡室さんに行きたい気分でしたが
流石に給料前の金曜は一杯でした。
その後も、色々立呑屋さん巡りをしましたが何処も満席でしたが
空いている御店を見つけました。
御邪魔したのは・・・

DSCF3972_convert_20120122190348.jpg

明ごころ 中店です。
明ごころは、北店・南店は座れる御店で行ったことは
ありますが、立呑みの中店は初訪です。
理由は、隣に赤垣屋さんで吸い込まれていました。

DSCF3968_convert_20120122190053.jpg

立呑屋さんとしては、強気の価格設定となっています。
それでも、一寸呑むには許容範囲の値段です。
注文したのは・・・

DSCF3965_convert_20120122185909.jpg

黒ビールと、じゃがバターです。
じゃがバターがある立ち呑みは、初めてだったので
注文しましたが、もう一寸アッツイ方が良いです。
じゃが芋は結構旨いのですが、熱さが足らず
バターが溶け難かったです。

DSCF3966_convert_20120122190017.jpg

熱燗を注文すると、イケテル大きい猪口です。

DSCF3969_convert_20120122190139.jpg

焼き鳥・つくね・砂ずりです。
これは、普通です。

DSCF3970_convert_20120122190228.jpg
DSCF3971_convert_20120122190306.jpg

おすすめの手羽からあげ2本です。
これは、旨いっすね。
しっかり、醤油系の下味がついてますので旨いっす。
隣の人が、もも肉唐揚を食していましたが
手羽がお勧めです。

黒ビール・酒2杯・アテ3品で1,750円 良い御店です。

御馳走様でした。

昼御飯の、ネタが無いので1部構成となりました。

明ごころ 中店
住所: 大阪府大阪市都島区東野田町3-10-1
電話: 06-6354-1788



blogram投票ボタン
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#302
こういう構成もまた歓迎です!
京橋はあまり詳しくないのでムッチャ面白いっす
#303 アルティマさんへ
コメント有難う御座います。
京橋界隈は、立ち呑み激戦区です。
まだ、未訪の店も多いですので
今年中に制覇します。
(店内写真は、ハードルが高い御店が多いような
気がしますので御了承を!)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。